ダニとマンション~マンションの欠陥~ ①ダクト

マンションは気密性が高く、下手をするとあっという間にダニの

巣窟になってしまうことは 想像できなくはないと思います。

 

私の失敗は、入浴後に、浴室を開け放って しかもリビングの戸も開け放って

換気していたことでした。また夏の夜間も(夏の夜間はものすごく湿度が

高く、あっという間に60~70%はいってしまう)窓を思い切り開けて

風を通していたこととも深く関係していました。

 

まあ上記の欠陥については後日また触れるとしますが、今日は

マンションの腹立たしい仕様である「ダクト」に触れたいと

思います。

 

マンション内をダクトの配管が縦横に走ってことからも、

これから住居を検討される方にはぜひとも戸建て(でかつダクトを

使用しない)をおすすめします。

 

マンションのダクト内には、ほこり・ごみが堆積しており、

また、いつも湿気を帯びていることからダニの住処と

なっています。

 

別の方のネットの記事でも見かけましたが、

浴室のダクトの真下に黒いテンテンが落ちている。。。ダニです。

 

ダクトの清掃をマンションの理事会にかけてくれるよう依頼しましたが

まるで音沙汰がありません。 理事会にかけるのを忘れていたか

もみ消されたのでしょう。

 

自分で、長いワイヤーを買って、手が届く限り清掃しました。

それと、毎日オゾンを発生させていることで、「黒いテンテン」は

なくなりました。

 

でもまだ、ダニはいると思います。

 

この夏、浴室の湿度は60%弱になってしまっています。

脱衣場の換気扇を回しても、湿度はさがりません。

 

除湿器を入れて稼働させると、排水口から水分を奪って

水口臭くなってしまうのでやりたくないんです。

 

・・という状況で、洗濯機のダニは減ってきてはいますが

ゼロにはなってないようです。

 

マンションは湿度も高くなりやすいし、ダクトというリスクもあるし、

ダニが増殖するファクターがいっぱいです。

 

マンション暮らしが生まれて初めて(で4年目)で、こんなこと

経験がなかったので 本当にひどい目にあいました。。・

 

マンションはダニをムネとすべしです。

 

もっとベンダーはいろいろ考えて設計してほしい。

 

自分が建築士ならこんな設計はせんぞ。 

 

ほかにも浴室の構造その他にも、書ききれないほどの

困りごとや怒りがありました。。。また後日。