ダニとりマットについて

ダニとりマットは、日革研究所のものは効果があると思います。

特にいいのは、通販生活で売っている、ダニとりマットの特大のものです。

www.cataloghouse.co.jp

 

先月、衣装ケースにいれて保存している本にダニがついて困っていました。

本をいくらアルコールで拭いたりしてきれいにしてしまってもまた再度

つくのです。

そして衣装ケースの外にダニが噴出してきていました。

 

ダニとりマット特大は1枚あたり1600円くらいするのですが、

もう仕方がないと割り切って入れてみました。

 

そうすると、ピタっとダニの噴出が止まりました。

 

通販生活のものとサイズなどが違いますが、アマゾンでも

日革研究所のダニとりロボは売っています。

 

 これも買ったことがありますが、自分にはこのソフトケースは扱いづらく

通販生活のほうが扱いやすかったです。

たぶん効果は同じと思いますが。

 

ただダニとりマットのやっかいな点は、

たとえば衣装ケースに入れているときにすぐそばで線香をたくと、

線香の煙を嫌がってダニがマットから出てくる点です。

 

意外とすぐ回りの空気に反応します。

また、脱衣所の洗濯機にダニがついてどうしようもなかったので

ダニとりマットを置いてみました。

ダニはよくとれたと思うのですが、もともとダニがすごく多いところだったので、

マットの容量をオーバーしたのか、マットからダニがちょこちょこ出てきてまわりが

少し痒い感じになりました。→3か月もたたないのに捨てた

 

上手に使えば 日革研究所のダニとりマットは相当効果があります。