洗濯前に煮洗いするグッズ(投げ込みヒーター)

ダニはふつうに洗濯・乾燥させるだけだと死にません。とてもしつこく、生命力があるのです。

一般家庭のお湯の最高温度は60°です。洗濯前に60°で予洗することはとても効果がありますが、短い時間だったり、温度が達していなかったりすると、全部は死にません。

 

60°で一時間キープできれば死ぬはずなのですが、実際にやってみると、服の空気の中に逃げ込んだり温度ムラができるのか、なかなか死にきってくれないです。

 

温度を長時間キープするにはどうすればよいか、頭をしぼってやっと見つけたものが以下のグッズです。

 

 

これと、ブリキのバケツを買いました。

 

尾上製作所(萬年) 日本製トタン バケツ 12号

尾上製作所(萬年) 日本製トタン バケツ 12号

 

 これをホームセンターで買った低めの台に、シリコンマットをのせたうえにのせ、

今は100度指定でやっています。別の用途で買ったマットですが助かっています。

 

 

自分でも恐ろしい高温だと思いますが、ずっと70°指定してきましたが

最近服の仕上がりが悪く、どうも洗濯後もダニがついているのでやっています。

 

服は完璧にダニは死んだ状態で洗濯しているはずなのですが、

洗濯乾燥機なので、乾燥時に、洗濯機についたダニが服に移るらしく

洗濯後の服にダニが少しついています。

 

今はこれがとても問題なので、洗濯機のダニを何とかしたいと切実に

願っています。

 

服の煮洗い用の大きな鍋も買ったのですが、キッチンのガスの上で

大きな鍋を扱うのが怖く 続きませんでした。

 

投げ込みヒーター、ダニを殺すことに困っている方がいたらぜひお使いください。

 

私はこの方法でものすごく助かりました。

 

それまで、スチームアイロンをズボンに必死でかけたりしていましたが

殺しきれず、仕事中にものすごくかゆくなってきたりして死ぬ思いをしたり

していました。